守時はるひ

1993年岡山県生まれ。2016年1月4日、画家を夢見て上京。主にアクリルガッシュを使用し、毒々しさとかわいさの中にくすっと笑える要素を入れた絵を描いている。私生活で思うことや経験したことを絵にぶつけており、たびたび作品にはその世界の住人になった「私」が現れる。2016年にBar星男で初個展、同年に第12回世界絵画大賞展入選。過去に、飲食店の壁画制作や演劇のチラシ制作、ライブペインティングなども経験。